女子大生が1か月間本気でキャバクラアルバイトを頑張ってみた結果

ゆびわけーす友達のススメもあり、1か月間限定でキャバクラで働いてみることにしました。以前も体験入店をしたことがありましたが、同じ店舗で働かせてもらうことに。普通のアルバイトは短期だと採用されにくいですが、キャバクラは短期であっても比較的働かせてもらえる可能性が高いです。それだけ女の子の入れかわりも激しいということなのですが・・。とりあえず、1ヶ月頑張ってみた結果をここに書き残したいと思います。

週5ペースで出勤

1ヶ月限定ということで、少し大変なのは承知で週5で働いてみることにしました。もちろん大学も通いながらの出勤になるので、朝は非常に眠いですが気合を入れて頑張りました。

最初はお客さんゼロ

最初はお客さんは全くいない状態からのスタートです。キャバクラを未経験からスタートする場合、ほとんどの人がお客さんは居ない状態からのスタートだと思います。ここからフリーで着いたお客さんと連絡先を交換して、お客さんとして再来店してもらうのがキャバクラ嬢の仕事です。最初はお客さん一人につき20分くらいつくことからスタートします。そこから場内指名を取ったりして本指名獲得につなげていくのです。最初は私自身もかなり気合を入れて頑張ったので、結構場内指名を取ることが出来ました。

1か月間のお給料は

時給2300円×6時間×23日=317400円。このほかに同伴のバックや指名のバックがあるので、40万弱くらいの稼ぎになったはずです。以前体験入店をしたことがある店舗なので、前回よりも少し高めの時給で働かせてもらうことが出来ました(体験入店時は2000円)。普通のアルバイトで頑張るよりも、明らかに短期間で大金を稼ぐことが出来ました。自分自身でもびっくりです。でも正直、結構大変でした。毎日、営業メールはかかせませんし、少しくらいのおさわりはスルーしなければなりません。大学と兼業で頑張るには、もっと出勤日数を減らさないと厳しいです。私の周りには、キャバクラにはまってしまって大学を中退した人が数名いるの「ハマり過ぎない」という強い意志を持って働く必要があるかもしれませんね。

まとめ

結果、1ヶ月でも頑張って営業をかければ指名のお客さんを劇的に増やすことは可能です。しかし、やはり売上をもっと伸ばそうと思うと3ヶ月くらいのスパンは必要。つけ回しの運もあるので、いくら頑張っても良客に巡り合えないこともあります。3か月くらい本気で頑張れば、びっくりするほど売り上げをあげることも可能かもしれないですね。キャバクラは頑張ればお給料に反映されやすい職種なので、本気でお金がほしい人は思い切って挑戦してみるのもいいかと思います。

この記事はアルバイト, 女子大生の日常に投稿されました. このパーマリンクをブックマークする。 コメントを投稿するか、トラックバックをどうぞ: トラックバック URL.

コメントする

あなたのメールは 絶対に 公開されたり共有されたりしません。 * が付いている欄は必須項目です

*
*

次の HTML タグと属性が使用できます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>