女子大学生がこっそりキャバクラで働いてみた話

カクテル普通のアルバイトに比べて倍以上の時給を貰えると噂のキャバクラのアルバイト。友達で働いている子はちらほら居たけど、イマイチ一歩が踏み出せなかった。しかしそんな時、友達のお祝いやサークルでのイベントが立て続けに入り、急にお金が必要になった。

とりあえず体験入店をしてみることにした

というか、体験入店だけでも時給は2000円で日払いでお給料を貰えるとのことだったので一日だけ行ってみることにした。友達が働いているキャバクラに行き「アンナ」という源氏名を頂いた。最初は簡単に、お酒の注ぎ方、お客さんへの対応の仕方、タバコの火の付け方、ドリンクを頼むタイミングなどを教えられた。優しいスタッフだったけど、最初から結構な情報量を叩き込まれたのでパンク寸前だった。正直にそのことをスタッフに話すと「実際にお客さんの席で学んでいきましょう」と言われ、さらに緊張した。

最初のお客さんについてみる

幸い、最初のお客さんは優しそうな人だった。しかも二人で来店した人だったのでベテランキャバ嬢と一緒に席につくことが出来た。しかし、そのキャバ嬢がいじわるで。。「この子今日が初めてだから~」とか結構嫌味を言われた気がした。やはりテレビなどでよく見る女の闘いがキャバクラでは存在するのかもしれない。とりあえず今日は何を言われても気にしないことにした。

その人以外は皆いい人だった

最初に一緒についたキャバ嬢は色々嫌味を言って自分の株を上げるような嫌な奴だったが、その他の女の子は思いのほか優しい人が多かった。そしてびっくりしたのが大学生がとても多いということ。私の想像よりもはるかに沢山の大学生がそこに居た。もっとキャバクラが本業のギスギスした感じの人が多いと思っていたからこの事実にはびっくりした。

はじめてキャバクラでお酒を飲む

何人目かについたとき優しいお客さんが「何か飲む?」と気を使って聞いてくれた。私もお酒を飲んだ方がもっとフランクに話せると思い「ビール」を頼ませてもらった。お酒が入るとお客さんとも会話が弾む。やはりここはお酒を飲んでこその場所なんだな~と思った。でも、初対面の人と二人で何分も話すことは私には結構苦痛だったので、時給はいいけど体験入店のみでやめておこうと思った。

お給料をもらう

今日のお給料は時給2000円×7時間=14000円。ドレス代と送迎代は無料だった。これは結構珍しいそうで、普通はドレスのレンタルも帰宅時の送迎もお金がかかることが多いらしい。私にはあまり向いてない気もしたが、人見知りしなくておしゃべりが好きな子には絶好のアルバイトだと思った。

この記事はアルバイト, 女子大生の日常に投稿されました. このパーマリンクをブックマークする。 コメントを投稿するか、トラックバックをどうぞ: トラックバック URL.

コメントする

あなたのメールは 絶対に 公開されたり共有されたりしません。 * が付いている欄は必須項目です

*
*

次の HTML タグと属性が使用できます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>