女子大生が「プチ整形」を行うことが増えている理由

化粧品今や女子大生だけでなく女子高校生までもがプチ整形に手を出すということが増えてきました。以前は、一重や奥二重の人は「アイプチ」、鼻が低い人は「ノーズシャドウ」などの化粧でごまかしていたのが、今は「埋没整形」や「ヒアルロン酸注射」など手軽にあこがれの顔を手にすることが出来る世の中になってきました。今回は、プチ整形を行う女子大生がなぜ増えたかという疑問についてまとめてみようと思います。

費用がリーズナブル

昔の整形というものは一部のセレブな人達や芸能人などのお金持ちしか手を付けることが出来ないイメージでした。しかし今はどうでしょう。様々な若者向けの雑誌などにも広告してあったり、テレビCMでも頻繁に見かけるようになりました。それほど整形(特にプチ整形)は私達一般人にとって身近なものになったのです。特に二重整形(埋没法)はリーズナブルな値段と簡単な手術で憧れのパッチリ二重を手に入れられるということで今や未成年の利用も増えている程です。費用は医院によって様々ですが5万円以下で施術出来るところも増えています。ただ、簡単な手術とはいえ、失敗がないとは言えません。しっかり自分の納得できる医院を見つけてから手術に挑みましょう。医院選びのポイントとしては、手術前の無料カウンセリングをしっかり自分の納得いくまで行ってくれるかということも大事なポイントになります。カウンセリングはしっかりと行いましょう。

大学生は休みが取りやすい

プチ整形とはいえ、手術によってはダウンタイムを要します。特に、一番人気の「埋没法(二重手術)」に関しては、1週間ほどダウンタイムが必要となってきます。特に手術から2~3日はガチャピンのような目になってしまうことが多いので、サングラスなしでの外出は厳しいです。なので社会人なってからだと休みがとりにくいのです。なので、長期休みがとりやすい大学生時代にプチ整形に挑む人が増えています。プチ整形に挑戦する場合は、ダウンタイムに要する期間をしっかりと確認し、自分の予定を調整することが必要になってきます。

ダウンタイムが少ない

先ほど、ダウンタイムのことについてお話しましたがプチ整形意外の整形になってくると1ヵ月くらいのダウンタイムが必要になってくることが多いです。プチ整形に関しては、ダウンタイムが必要とはいえ1週間程で外出できるまでに回復することがほとんどです。長期の休みを取る必要がないので彼氏や友人にばれにくいということプチ整形が人気の理由のひとつとなっています。

この記事は女子大生の本音, 整形に投稿されました. このパーマリンクをブックマークする。 コメントを投稿するか、トラックバックをどうぞ: トラックバック URL.

コメントする

あなたのメールは 絶対に 公開されたり共有されたりしません。 * が付いている欄は必須項目です

*
*

次の HTML タグと属性が使用できます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>