大学生活で見つけた超リア充の特徴

お洒落なお店今回は「非リア充」の反対「超リア充」な人々の特徴についてまとめてみました。ちなみに、リア充とはリアルが充実している人のことを言います。大学生活を充実させることが出来れば、必然的にリア充になれるはずです。

彼女(彼氏)が居る

私のまわりのリア充な人には、彼氏(彼女)が居る人が多かったです。自分自身もそうですが、好きな人や彼氏彼女が居ると、毎日お洒落にも気を使います。女子であればネイルや髪型にも気をに抜かなくなりますし、垢抜けることが多いです。ただ、ここで注意したいのが彼氏(彼女)にハマリ過ぎてしまうということ。特に、大学以外で彼氏や彼女を作った場合、会う時間を作る為に大学をサボったりします。また、勉強にも身が入らなくなるので単位を落として最悪留年というパターンも少なくありません。彼氏や彼女と思い出を作るのも大切ですが、長い目でみて大切なことは何なのかを忘れないようにしましょう。それでこそ本物の「超リア充」なのです。

顔が広い

人脈が広い人って暇な時間がほとんどないイメージです。大体色々なところで予定が入っているので、スケジュール超は毎日ぎっしり。付き合いがいいので、友達も増えます。しかし、ここで注意したいのが広く浅くなり過ぎないこと。あまり八方美人になりすぎると、最終的に皆から信用されなくなってしまいます。何事も適度が大切です。メインで参加するグループは決めておいて、空いた時間は他にも顔を出すくらいの方が周りの反応は良いかと思います。人との繋がりが増えていくと楽しいイベントや集まりに呼ばれる機会も増えてきます。出来る範囲で人脈を広げ、大学生活をエンジョイしちゃいましょう。

サークルでの集まりが多い

非リア充の人は大学でサークルに所属していない人が多いですが、反対にサークル活動をエンジョイしている人は「超リア充」がとても多いです。サークル活動が楽しくなってくると、毎日大学へ通学するのも楽しくなります。みんなで協力しあって課題なども出来るので、勉強面でもサークルの繋がりは役に立ったりします。

体力がある

体力がある=タフな人という意味です。たとえバイト後に飲み会のお誘いがあったとしても、オール覚悟で参加してくれるようなノリの持ち主です。タフな人はイベントなどの参加率もとても良いので、友達も多いです。呼んだら来てくれるので、色々なところから声がかかります。あまり無理をするのも良くないですが、出来る範囲でタフに行動することも大学生活を楽しむ上ではとても重要なことなのです。

この記事は女子大生の日常, 暮らしに投稿されました. このパーマリンクをブックマークする。 コメントを投稿するか、トラックバックをどうぞ: トラックバック URL.

コメントする

あなたのメールは 絶対に 公開されたり共有されたりしません。 * が付いている欄は必須項目です

*
*

次の HTML タグと属性が使用できます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>